2007年02月11日

テレビ番組のやらせ、あれこれ

「あるある」の捏造は納豆以外にもかなりあるようですが、テレビ制作側はそれをなかなか認めようとしていないようです。健康をめぐる食品情報には、いいかげんなものが溢れているようですし、今回の件で、踊らされないようにしようと考える方が増えたのであれば結果的によかったかもしれませんね。ところで、テレビ番組の捏造、やらせは別の分野にもあるようです。この直前の記事(1/20)にいただいたトラックバック先で、⇒「名物教授の大槻教授は何処へ行った!?」という昨年6月の記事を読むと、超能力で体の悪い所を言い当てるという番組がやらせだったそうです。番組スタッフが前もって具合の悪いところを出演者に聞いておくわけですね。私もこの種の番組を見て、えぇーっ!と驚いた一人でしたが、そうですか、やらせですか(^_^;。

さらに最近は、マジックと称して、どう考えてもあり得ない映像を見せられることも増えました。人が空を飛んだり、宙に浮いたり、物や人が瞬間移動するなどなど…。ストリートパフォーマンスというのか、街頭で一般人とおぼしき人を相手にやっているのはいかにも本当らしく見えますし、不思議なこともあるものだと、私も白状すると、超能力ってあるの?と結構信じかけていました。
 
ですがこれも調べてみると、もちろん純粋に仕掛けのある巧みなマジックもあるわけですが、なんとテレビ局が撮影後に編集したり、通行人のふりをして驚いてみせているのは、実はどこかのタレント事務所の人たちだったりするのだそうですよ!

マジックというのは「騙し騙されることを楽しむ娯楽」と言えるかもしれませんが、種も仕掛けもあるというのが暗黙の了解のはず。超能力?!としか思えないような映像の中には、ビデオ編集とサクラによる場合があることを覚えておいたほうがいいようですね。種を知ってしまうと面白みが半減するので詳しく書きませんが、一つの手法を挙げるなら、カメラが被写体にぐ〜っと近づいた場合、その部分でビデオを切り貼りしたり、または画面の外の人が物を手渡しして、不思議なことが起きているように装うようですよ。それが今のテレビ業界の体質らしいです。

「超能力ってほんとにあるの??」と半信半疑の段階では実害はないかもしれませんが、最近は、マジシャンのことを超能力者だと信じて疑わない人も増えつつあるようです。そうなると自称超能力者に騙される可能性も高くなりますし、そういう意味では番組の最後に、「この番組は娯楽番組です」くらいの字幕があってもいいと思います。でも、まあマジックは娯楽としてはおもしろいですよね。ネットでマジックショーのビデオが結構見られるので⇒こちらなどで楽しんでみてください。

さらにもう一つ、スピリチュアル系の番組に出ている太めの方がいらっしゃいますね。最初は、う〜ん、彼は人格者? なんかいいことを言ってるわよね、と思っていました。

それにしても、どんどん体格がよくなるのはどうしてかしら? 食欲を制御できないほどストレスがたまっているの? まあ、自分自身が問題を抱えたからこそカウンセラーのような職業に就く人はいますけど…。それにしても、はだけた胸に金かなにかのネックレスをしているのって、あまり品がよろしくないんじゃない? それに美輪さんと、あなたの前世は、守護霊は、という話をしているとき、「あっ、いま適当に口裏を合わせたでしょ?」と思えるときもありましたよ(ハハハ、そうなんです。私もあの種の番組をいくらか見てました)。

ところが最近、週刊文春2月1日号で「なぜか前世は中世ばかり」など、7つの疑問点が扱われたようです。また2月15日号には「信じるアホウ」に「出すバカ」という記事も…。確かに変なところはあり、前世がごく平凡な人であった試しはなさそうです。で、この件を調べてみると、あらあら、とんでもない話が出てますよ。「松浦淳のブログ」さんで、2006/2/28に5件(⇒,⇒,⇒,⇒,⇒)、また⇒2006/3/8にも書かれています。そう言えば、ご自身の子供からは好かれていないと言ってましたっけ。

さらに別ブログ「霊性と情熱のあいだぐらい」でも、江原さんの言っていることは⇒パクリ⇒捏造⇒自作自演ではないかとの情報もありました。

人にはいろいろな面があるもので、一部が悪いから全部駄目とは言えませんが、いずれにしても私たちは、見聞きしたことをすぐに信じるのではなく、いろんな角度から調べたうえで判断すべきということですよね。

だれかに自分の人生を預けてしまい、自分の頭で考えることを放棄してしまうと、場合によっては本当にひどい目に遭います。善も悪も併せ持つ人間は、自分の権利を主張しない人と接しているうち、段々と他人を意のままに操るようになってしまうものなんですから…。そういう人は特殊な例というわけでなく誰もが潜在的に持っている傾向なのだと、いろんな人を見てきて、私は思います。
posted by 野バラ at 18:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 時事問題
この記事へのコメント
私のトラックバック記事を取り上げて頂き有難う御座います!妙にアクセス数が多い時があったな!と思っていたら、こちらで取り上げていただいていたんですね!有難う御座います!!

Posted by ITS下田 at 2007年04月15日 03:56
ご丁寧に、ありがとうございます。
気になるサイトを全部まわる時間はないのですが、コメントやトラックバックをいただいたのをきっかけに訪問させていただくと、学ぶことが多いです。ITS下田さんのサイトも話題豊富ですごいですね(^_^)。
Posted by 野バラ at 2007年04月15日 16:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:(管理人のみ閲覧可)

ホームページアドレス:

コメント:

念のため送信前にコピーすることをお勧めします。
■この記事へのトラックバック URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3274605
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
 ご了承ください。