2006年10月01日

郵政民営化の見返りが3兆円!?

youcho.gif驚きましたね! 郵政民営化の手数料が3兆円とは…。「藤原直哉のインターネット放送局9月26日の放送分で語られていました。

数年前、郵政民営化を争点に解散選挙があり、郵便局を民営化する必要はまったくないという識者の意見がネットでも新聞でも取り上げられたにもかかわらず、私としては驚きましたが小泉首相の続投となり、結局民営化することが決まりました。あの時点でも指摘されていましたが、小泉元首相が民営化にこだわるのはアメリカに郵貯を提供するためだと言われていました。ですからその見返りが何かあるのだろうなとは予測していましたが、なんと3兆円分のアメリカ国債とは!

その額の大きさはにわかには信じがたいものでしたが、藤原直哉さんの該当ページのコメントによると、"アメリカにくれてやった340兆円の1%"に当たるそうで、なるほどですね。不動産取引の仲介手数料は取引額がどれだけ大きくても何%と決まっているのと同じなのでしょう。その3兆円のうち、小泉さんが1兆円、竹中さんが2兆円。う〜ん、ついつい「兆」ではなく「億」と書き間違って修正していますが、これこそ桁外れという言葉がぴったりですね(問題個所は開始から50秒あたり。→こちらにテキストあり)
   
9月30日、田中 宇さんが「アメリカ発の世界不況が起きる(2)」を書かれています。経済のことは難しくて分からないのですが、そこでは長期金利と短期金利の逆転現象が起きるのは不況の予兆であるということでした。2年定期より10年定期のほうが金利が高いのが普通ですが、国債においては日本もアメリカも金利が逆転しているのだそうです。そう言えば最近銀行の定期では年数が短くても長くても金利が同じということがありましたね。

日本の借金も極めて多額で破綻すると言われていますが、ただでさえ厳しい状況下、さらに40年満期のアメリカ国債を340兆円も購入したということは、アメリカが破綻したらその国債は償還されないに等しいんじゃないでしょうか。つまり国民の預金も消えるということですよね。なんだかとっても厳しい時代がやってきそうです。

それにしても郵政民営化に反対だった議員も、小泉さんの圧力に負けて賛成に転じた方が多かったですよね。圧力に屈しなかった亀井さんは対立候補の堀江さんに勝ってよかったなと思いましたが、それにしてもあのやり方はひどいものだと思いました。


「政治」の裏もオモテも2時間でわかる本
私は政治の仕組みをほとんど知らずにきたんですが、「政治の裏もオモテも2時間でわかる本」を少し読んで、なるほどと思いました。

3ページにこんなことが書いてありました。
*右画像をクリックで、電子書籍の無料サンプル(PDFがお薦め)を無記名でダウンロードできます。
伝家の宝刀▼泣く子も黙る総理の権力とは?
 与党と野党とのあいだがもめ、与党が苦しくなってくると、「衆議院解散か?」といった見出しが新聞に躍りはじめる。総理大臣が衆議院を解散して総選挙をおこない、民意を問おうというわけだ。

 解散は参議院にはない衆議院独特の制度で、こまかくみると二つの種類がある。「7条解散」と「69条解散」である。

7条解散は、憲法第7条の条文にもとづくもので、内閣総理大臣はいつでも衆議院を解散でき、与野党双方の衆議院議員の身分を奪うことができると解釈され、じっさいそのようにおこなわれてきた。この衆議院の解散権は、「総理の伝家≪でんか≫の宝刀≪ほうとう≫」ともいわれ、総理の政治力の源泉となってきた。
ほかにもいろいろ書いてありますが、三権分立で互いにチェックし合うとは言っても、実際のところ最も力があるのは総理大臣なのだそうです。

アメリカの大統領と比べたらずっと権力は小さいと思ってきましたが、郵政民営化の一件ではっきり分かった気がします。日本人は他の人と意見をすりあわせたり根回ししたりするのが普通みたいですが、小泉さんはそういう方ではなかったので、横暴なやり方を通すことができたんですね。その結果が、取り返しのつかない(?)現在の状態なんでしょう。

こうしたことを考えると、総理大臣の権限を減らすか、もしくは国民投票で直接選べるようにならなければ、民主主義政治はできないかもしれませんね。

誰が政治家になっても世の中はそう変わらないからと無関心を決め込む人は、私を含め常にいましたが、それではいけないですね。無関心や何もしない態度というのは、場合によっては悪を行うのに匹敵するものになるのでしょう。例えば、育児放棄で子どもを餓死させる親とか、車の中に子どもを置き去りにして死なせたり誘拐されたりとか、能動的に悪を行わなくても結果的に子どもを危険な目に遭わせるなら、犯罪行為と言えるかもしれません。

同様に、何も行わない罪というのが確かにあるに違いありません。ちょっと話が大げさになりましたが、人間だれしも「私は悪いことは何もしていない」と開き直る傾向を持ち合わせているので、もっとよくこの点を考えてみたいと思います。

<<<<< 以下は 10/3 に追記 >>>>>
コメント欄で[郵貯と簡保の資産運用状況]を教えていただきました。
郵貯資金の運用状況は→こちら
かんぽの資金運用状況は→こちら

どんな情報を信じるかはご自身で判断してくださいませ。
<<<<< またまた追記 10/10 >>>>>
ランキーブログさんのブログへのコメント(転載)
と〜っても遅いコメントでごめんなさい<(_ _)>。
「小泉政権の後始末」のご紹介、ありがとうございました。好きでやってるとは言え、わずか13分の音声もテキストにしwebにアップするとなると、その20倍以上の時間がかかったので(熟練したプロは順調にいって、テキスト化に12、3倍の時間がかかると聞きますが)、どうせなら多くの人の目にとまってくれたらと思っていました。おかげさまで、この10日間に990件(私は除く)ほどのアクセスがありました。

内容的には、お話ししている藤原さんも、聞いた話に推測を交えて語っていらっしゃるようですが、検察とCIAとの関連とか裏取引のやり方など、興味深いものがあるなあと思いました。
posted by 野バラ at 11:20 | Comment(4) | TrackBack(11) | 時事問題
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
この3兆円のキックバックの件、にわかには信じがたいのですが、だんだん本当のところが明らかになっていくものか、それとも闇に葬られるのか、気になります。
議院内閣制の総理大臣が原則通りに権力をふるっていくと、大統領以上の権力を手にすることが、いつか『直言』で植草さんが語られていました。
行政改革の目玉のひとつが、その総理大臣の権限をさらに強化しようというものだったと思いますが。
Posted by とむ丸 at 2006年10月02日 01:10
とむ丸さん、役立つ情報、ありがとうございます。ご紹介の『直言』は、「直言特別鼎談」の第5回でしょうか。
http://moura.jp/scoop-e/chokugen/special/060324/index.html
 「内閣総理大臣が権限をフル活用すると三権の頂点に君臨する存在になる」とありますね。理由は、総理大臣が議会の多数派から選ばれた行政権の長であることに加え、司法当局の幹部も日銀の幹部も、最終的に任命するのが内閣総理大臣であるから。これまでの政治権力者には「自己抑制」があったから三権分立の建前が辛うじて成立してきたが、小泉さんはその不文律を初めて破壊した、ということでしょうか。
 日本の内閣総理大臣はアメリカの大統領以上に権力を行使できる立場だったんですね。政治のことはほとんど何も知らずにいたので、とても参考になりました。
Posted by 野バラ at 2006年10月02日 11:49
ちなみに340兆円の内訳です

郵貯資金の運用状況(平成18年8月末)
http://www.yu-cho.japanpost.jp/j0000000/ju060800.htm
は以下のとおり。

資産総額 195兆4,368億円(100%)

有価証券 150兆5,576億円(77.0%)
(内訳)
国債 131兆0,209億円(67.0%)
地方債 8兆5,608億円(4.4%)
社債 7兆6,998億円(3.9%)、うち公庫公団債等 5兆0,069億円(2.6%)
外国債 3兆2,759億円(1.7%)

金銭の信託 2兆6,584億円(1.4%)

貸付金 4兆4,289億円(2.3%)
(内訳)
地方公共団体貸付 3兆7,238億円(1.9%)
預金者貸付等 3,760億円(0.2%)
郵便業務への融通 3,290億円(0.2%)

預金等 2兆9,818億円(1.5%)

預託金 34兆8,100億円(17.8%)


簡易保険の資金運用状況(平成18年8月末)
http://www.kampo.japanpost.jp/osirase/report/unyou/unyou0608.html
は以下のとおり。

資産総額 117兆5,995億円(100%)

有価証券 85兆0,428億円(72.3%)
(内訳)
国債 62兆9,980億円(53.6%)
地方債 4兆4,537億円(3.8%)
社債 15兆5,532億円(13.2%)、うち公庫公団債等12兆9,841億円(11.0%)
外国債 2兆0,378億円(1.7%)

金銭の信託 8兆2,530億円(7.0%)

貸付金 23兆0,426億円(19.6%)
(内訳)
地方公共団体貸付 19兆5,584億円(16.6%)
公庫公団等貸付 1兆4,257億円(1.2%)
保険契約者貸付 1兆9,107億円(1.6%)
郵便業務への融通 1,478億円(0.1%)

預金等 1兆2,609億円(1.1%


とあり、日本郵政公社の公式発表が嘘であると言う事でしょうか?

200兆円もの国債はどうやって処分したのでしょうか?そんなに売ったら大暴落しているはずなんですが…

Posted by cynic at 2006年10月03日 19:59
cynicさん、重要な情報を教えてくださってありがとうございます。最新のデータですね。

>200兆円もの国債はどうやって処分したのでしょうか?
>そんなに売ったら大暴落しているはずなんですが…

そのように見ることができるんですね。
データを見ると、確かに200兆円という莫大な金額はそう簡単に右から左へと動かせそうにありませんね。

ご紹介のURLは本文に追記させていただきますね。
Posted by 野バラ at 2006年10月03日 21:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:(管理人のみ閲覧可)

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
念のため送信前にコピーすることをお勧めします。
■この記事へのトラックバック URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1361738
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
 ご了承ください。

Koizumiに1兆とTakenakaに2兆円が;アメリカから手数料をもらった?
Excerpt: いやはや、すごい、話を、「競艇場から見た風景」のmakuriさんから、TBでちょうだいした。すごい話だから、ぜひ見て欲しい。私のブログは、mp3のファイルを掲示できません。そのため、makuriさんの..
ブログ名: 青山はここにありました??社会批判がてんこ盛り!!
Tracked: 2006-10-02 00:59


小泉1兆円 竹中2兆円
Excerpt: この記事は新聞記事ではありません。 藤原直哉と言う方がブログに載せてる音声ファイルです。 http://naoyafujiwara.cocolog-nifty.com/ipodcasting/ 藤原..
ブログ名: zara's voice recorder
Tracked: 2006-10-02 06:45


●米国がらみの情報は第一弾の情報に注意せよ!!・・・郵貯資金での米国債購入のほんとうの恐ろしさ!!・・・
Excerpt: 300兆円以上にも上る郵貯資金のうち、既に200兆円もの資金が米国債購入に充当させられているという話題が、ブロガーの間で駆けめぐっている!これも先の金利問題で私のブログ記事で触れたのと同じく、またも..
ブログ名: 社会・政治
Tracked: 2006-10-02 07:19


3兆円を小泉さんと竹中さんで山分けってホント!?
Excerpt: 「郵貯340兆円のうち、すでにゴールドマンサックスの仲介で200兆が 30年満期の米国債に充当されている。 そのうち手数料3兆円分の米国債がキックバックされ、2兆円分が 竹中氏に、1兆..
ブログ名: 主任のひとり言
Tracked: 2006-10-02 10:05


ワンフレ小泉から安倍こべ時代 「欧米か!」
Excerpt: この情報が本物ならすごい事だ。早速聞きに行ってください。 とむ丸の夢さんのブログで知った藤原直哉のインターネット放送局:藤原直哉の「日本と世界にひとこと」小泉政権の後始末 の9月26日分のmp3を聞..
ブログ名: らんきーブログ
Tracked: 2006-10-02 23:47


●郵貯資金の200兆円による米国債購入はガセネタか!?・・・自民党の陽動作戦の可能性も視野に入れておく必要あり!!??・・・
Excerpt: 藤原氏本人が【与太話】と言っているので、この情報ソースはガセネタの可能性も出てきた!事情通から聞いた信憑性の高い情報だと弁明している様であるが、証拠は勿論、情報ソースやネタ元すら表明出来ない様である..
ブログ名: 社会・政治
Tracked: 2006-10-03 09:27


アメリカからのキックバック?竹中2兆、小泉1兆「郵政民営化」の報酬…
Excerpt: 衝撃的なニュースをネットで発見。 http://tomkari.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_b052.html ブログ「とむ丸の夢」より =======..
ブログ名: 路上日記@なんで屋
Tracked: 2006-10-03 14:57


情報スクランブル交差点
Excerpt: もしかして安倍晋三の国会答弁の様子見でわざと入院してたんじゃないかと思えるような小沢一郎が復活した^^いきなり格の違いを見せるよりも安倍晋三の棒読み&カミカミ意味不明答弁を印象付けておいてからの党首討..
ブログ名: らんきーブログ
Tracked: 2006-10-05 16:28


よく訓練された奴隷だ
Excerpt: 藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2006年9月26日 小泉政権の後始末  直接、ここの放送を聞いていただければいいのかも知れませんが、しかし12分以上あります。文章で読めば2分くらいで済むものを..
ブログ名: 非国民通信
Tracked: 2006-10-13 20:46


ブログの縁結び
Excerpt: ブログの輪について考えるのは非常に好きだ。 「友達の輪」という言葉が笑っていいともで使われだしてからもう20年以上経つが 友達の友達は皆友達だというフレーズは単純で結構好きだ。 中学生の頃に対立..
ブログ名: らんきーブログ
Tracked: 2006-10-15 18:27


日本一高い退職金
Excerpt: 退職金 小泉純一郎が1兆円 平中ヘイゾーが2兆円 郵貯340兆円 アメリカ国債の赤字補填にプレゼントし お礼に 小泉純一郎が1兆円 平中ヘイゾーが2兆円 貰ったと..
ブログ名: 【政治革命を目指す】政治から民意を取り返す為に、【言っちゃうぞ-!】
Tracked: 2006-11-01 21:21