2006年09月25日

バンドワゴン効果:プロパガンダの一手法

bandwagon.jpg 一昨日の記事に、ヒトラーに次ぐ実力者ヘルマン・ゲーリングの言葉を引用させていただきましたが、ウィキペディアによるとニュルンベルク裁判で語った言葉なんですね。別訳が載っていましたのでその部分を転載します。
 「……もちろん、国民は戦争を望みませんよ。運がよくてもせいぜい無傷で帰ってくるぐらいしかない戦争に、貧しい農民が命を賭けようなんて思うはずがありません。一般国民は戦争を望みません。ソ連でも、イギリスでも、アメリカでも、そしてその点ではドイツでも同じことです。政策を決めるのはその国の指導者です。……そして国民はつねに指導者のいいなりになるように仕向けられます。国民にむかって、われわれは攻撃されかかっているのだと煽り、平和主義者に対しては、愛国心が欠けていると非難すればよいのです。このやりかたはどんな国でも有効ですよ。」
戦争を望まない国民を言いなりにさせるには、「我々は攻撃されかかっているとあおり、平和主義者には愛国心が欠けていると非難すればよい」のだそうです。私たちはこのやり口をしっかり思いにとめておかなければいけないですね。
 
一方、ゲッベルスのほうはウィキペディアによると、プロパガンダを任務とする国民啓蒙・宣伝大臣を務めたとあります。プロパガンダとは、ロシア語で(政治的意図をもつ)宣伝だそうですが、ウィキペディアにはその具体的な方法がまとめられていましたので以下に引用します。

  プロパガンダの具体的な方法

  1. レッテル貼り―攻撃対象となる人や集団、国、民族にネガティブなイメージを押し付ける。例:劣等民族、修正主義者、共産主義者(アカ)、独裁者
  2. 華麗な言葉による普遍化―対象となる人物や集団に、多くの人が普遍的価値を認めているような価値と認知度を植え付ける。例:自由、正義
  3. 転移―多くの人が認めやすい権威を味方につける事で、自らの考えを正当化する試み。例:神
  4. 証言利用―“信憑性がある”とされる人が語った証言で、自らの主張に説得性を高めようとする。
  5. 平凡化―コミュニケーションの送り手が受け手と同じような立場にあると思わせ、親近感を持たせようとする。
  6. カードスタッキング―自らの主張に都合のいい事柄を強調し、悪い事柄を隠蔽する。本来はトランプの「イカサマ」の意。
  7. バンドワゴン―その事柄が世の中の権勢であるように宣伝する。人間は本能的に集団から阻害される事を恐れる性質があり、自らの主張が世の中の権勢であると錯覚させる事で引きつける事が出来る。

実例と照らし合わせながら読むと興味深いですね。1番のレッテル張り、「○○(じん)は××だ!」といった人種や国民の特徴を決めつけることは本当によくあります。2番目の華麗な言葉はどうでしょう。政党の名前や政策には、自由とか民主とか、平和、新しい、改革、最近は「美しい国」「凛とした国」なども聞かれますね(^^)。3番などは権威付けとして天皇が用いられました。

飛んで、最後のバンドワゴン(bandwagon)ですがこれは初めて聞きました。直接的には、パレードの先頭を行く楽隊車のことだそうです。やはりウィキペディアにはバンドワゴン効果というのが載っていました。
あるオピニオンが多数に受け入れられているという情報が流れると、そのオピニオンへの支持がいっそう強くなること
だそうです。日本人は特にこの傾向が強いと思いませんか。「みんながこの人を支持しているみたいだから私も」って。例えば「無作為に選ばれた5,000人に電話で聴き取り調査をしました」という発表があったとしても、電話する曜日や時間帯、地域で結果は変わるはずですから、こうした発表を鵜呑みにしないことも大切かもしれませんね。

私は、人間はみな本質的に信じやすい、逆に言えば騙されやすい傾向を持っていると思うのですが、それでも詐欺の手口を知っていれば騙されることを減らすことはできます。同様に私たちはプロパガンダの方法をよく覚えておいて、簡単に扇動されない賢さを身につけたいものですよね。もちろん、上記の手法がすべて悪だというわけではなく、他の人を説得するために権威者の言葉を引用するなどはよくあることですが、自分で考えることを放棄してはいけないということですよね。

バンドワゴン効果については、→こちらにもより詳しい情報がありました。ご参考まで。
posted by 野バラ at 07:00 | Comment(3) | TrackBack(3) | 時事問題
この記事へのコメント
野バラさん、こんにちは。<(_ _)>
「青山はここにありました。」様のところから、コメント欄をたどって来ました。
straysheepと申します。<(_ _)>

世の中が、右傾化している様に感じられる事が心配な今の時代の空気の中、野バラ様のお書きになられているような記事の存在は、少し心がとホッと致します。

女性らしい、穏やかで、優しさを感じさせる美しい文章も好きです。

野バラ様のお気に入りリンクも、今まで知らなかった良いサイトを知る事が出来て嬉しかったです。

それでは、失礼致します。<(_ _)>
Posted by straysheep at 2006年10月03日 05:34
straysheepさん、温かいコメント、ありがとうございます。わたしはとにかく無知な人なので、ブログを書く価値があるのかと自問をしながらなんですが、身に余る言葉をいただけてちょっとウルウルしちゃいました。
 つまらない人間ですが、この同時代に生きている、いわば地球同居人のみなさんに、いくらかでも爽やかなものが残せるようになれたらいいなと思っているのですけれど、なかなか難しいですね。
 これからもどうぞよろしくお願いします。
Posted by 野バラ at 2006年10月03日 18:24
野バラ様、お返事有難うございます。

野バラ様は、薔薇を育てていらっしゃるのですよね。

花が綺麗に咲いているのを見ると、心に、明るく、優雅で爽やかな感覚が起こります。心地良いです。

そういう時は、その花を育ててくれた人の事を想像して、感謝の気持ちが湧いてきます。

花を育てている方には、世界を美しくしてくれた事に感謝したい気持ちが起こります。

私もいつか、沢山の花を育てて、
人の心に明るさと爽やかさと優雅な気持ちを届けられる人間になって、幸福な気持ちを感じる事が出来たら・・・(*^_^*)と、心に夢を描いています。(^−^)
Posted by straysheep at 2006年10月04日 03:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:(管理人のみ閲覧可)

ホームページアドレス:

コメント:

念のため送信前にコピーすることをお勧めします。
■この記事へのトラックバック URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1322405
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
 ご了承ください。

らんきーブログ 政治カテゴリ (2006/9/28まで)
Excerpt: ブログのいいところはもう数え切れないくらいある。 昔のHP時代から比べると、文字を打ち込むだけといってもいいくらいの作業で毎日、楽に記事が書ける(ネタがあればだが・・(笑)) ところが悪い点もある..
ブログ名: らんきーブログ
Tracked: 2006-09-29 23:33


ワンフレ小泉から安倍こべ時代 「欧米か!」
Excerpt: この情報が本物ならすごい事だ。早速聞きに行ってください。 とむ丸の夢さんのブログで知った藤原直哉のインターネット放送局:藤原直哉の「日本と世界にひとこと」小泉政権の後始末 の9月26日分のmp3を聞..
ブログ名: らんきーブログ
Tracked: 2006-09-30 17:41


安部氏 岸信介氏の戦争責任について言及!今後の展開に要注意!!・・・
Excerpt: (北海道新聞より 引用)岸氏の責任認める 首相「太平洋戦争開戦判断間違い」 衆院予算委  2006/10/05 23:28 衆院予算委員会は五日午後、安倍晋三首相ら全閣僚が出席した基本的質疑を続行..
ブログ名: 社会・政治
Tracked: 2006-10-06 05:24