2007年10月13日

911のやらせを暴く、新証言

非常に長らく更新が滞っていましたが、久しぶりにコメントをいただいたのをきっかけに、リンクをたどっていましたら、いろいろ新情報がネットに出回っているのに気づきました。

中でも「反ロスチャイルド」サイトで紹介されていた動画で、今年8月に癌で亡くなった映画監督アロン・ルーソが1月に行なったインタビューは画期的なものでした。
911.jpg

内容は、2001年9月11日の同時多発テロの11カ月前に、そのシナリオを友人のニック・ロックフェラーが語っていたというもので、ほかにも、一部の大金持ちや権力者がいかに世界を牛耳っているかという恐るべき情報をも含んでいます。一部を以下に引用します。
 彼が、9/11の11カ月前に「これからある出来事が起こる」と言ったんです。
 その出来事ゆえに、我々はアフガニスタンを侵略してカスピ海から(石油の)パイプラインを引くし、イラクを侵略して油田を確保し、中東に(米軍)基地を構築して…

 彼は、米兵がアフガニスタンやパキスタンの洞窟を探し回ることや、「対テロ戦争」が始まるけれども本当は敵なんかいないし、それら全部が巨大なでっち上げだと話していましたよ。政府がアメリカの人々を支配するための手段だって…。

 9/11は我々自身の政府職員や金融業会の人間たちがアメリカ市民に恐怖を植え付け、彼らを従属させ、彼らがやりたい放題できるようにするためにやったことなんです。

日本語字幕を付けた18分の動画がアメーバビジョンにありますのでご覧ください。

≫≫つづきを読む
posted by 野バラ at 13:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題