2007年04月29日

従軍慰安婦問題の真実は?

アメリカを訪問したばかりの安部首相ですが、ニューズウィークの英語版では、安部首相への風当たりがよくないようですね。立花隆の「メディア ソシオ-ポリティクス」 4月26日で扱われていましたが、「アベは外交問題でも歴史問題でも強硬路線をとるようになった日本の立場を擁護する」というキャプションがつけられていて、軍国主義者として警戒されているそうです。ニューズウィーク日本版 Digitalニューズウィーク日本版 Digital(ちなみに日本語版では内容が異なるそうで、こんな表紙⇒)

確かにいま、憲法9条があっても集団的自衛権は行使できるのだと解釈を変更するそうで、なんだかぞっとします。アメリカはしょっちゅう戦争をしている国ですから、これから自衛隊も一緒に海外に行って実戦に携わることになるんでしょうか? さらに憲法改正には9条以外にもいろいろあるらしく、大変な時代がやってきたものです。
 
 ≫≫つづきを読む
posted by 野バラ at 23:20 | Comment(14) | TrackBack(1) | 時事問題