2006年12月06日

世紀を刻んだ歌『明日に架ける橋』

 サイモン&ガーファンクルの『明日に架ける橋(Bridge Over Troubled Water)』をご存じでしょうか? 学校の音楽の教科書に載っていると聞いたこともあるので、すでにスタンダードナンバーとして、若い方もご存じかもしれませんね。

(Sissel & Russel Watsonによる明日に架ける橋をYouTubeで今のところ聴くことができます。私はシセルのアメイジング・グレースが大好きなんですが、これ↓もとってもいいです!)
(2007年2月以降削除されたようです)
私にとってこの歌は、人生の中で最も印象深い音楽です。その昔、洋楽というものは、聴いても歌詞がまったく理解できないもので、ちょっと上の世代の方がビートルズに夢中になっているのを見聞きしていたくらいでした。ところが高校へ入学した年に、昼休みになると、この『明日に架ける橋』が毎日毎日かかっていたんです。歌詞は理解できないながら、ゆったりと静かに始まり徐々に盛り上がっていくその歌声に、なんて素晴らしい曲なんだろうと思うようになっていました。そして購入したのが、『サイモン&ガーファンクル・グレイテスト・ヒッツ 』というLPレコード↓でした。

 訳詞を読みほかの曲も聴くと、ますます彼らの歌にのめり込み、まとまった休みにアルバイトしたお金も全部つぎ込んで次から次へとLPレコードを買い込んだのでした。マイナーなレコードから、どういうわけかレコード店にあった海賊版のレコード、日本語版が出るのも待ち遠しく輸入盤、日本語版が出るとそれも購入し、誰かに貸して傷が付くと悲しくなってまた同じレコードを購入したり……、もうそののめり込みようは半端ではありませんでした。レコード店の女主人にも顔を覚えられ、お店に張ってあるポスターをもらったこともありました(笑)。
≫≫つづきを読む
posted by 野バラ at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方