2006年12月12日

ロシアの暗殺事件

litvinenko.jpg ロシアの元諜報員の毒殺が話題になっていますね。ロシア連邦保安庁(FSB)中佐だった、←アレクサンドル・リトビネンコさんが、亡命先のロンドンでポロニウム210という放射性物質を摂取させられ亡くなった事件。11月1日に体調が悪くなり、11月23日に43歳の若さで死亡したそうです。ニュース動画(いつまで見られるかわかりませんが)

なんだか、昨年9月、ウクライナのユーシェンコ大統領↓が選挙前に毒物を摂取させられ、顔が腫れ上がったのを彷彿とさせますね。Juschtschenko.jpg

以下は世界日報の記事からの一部引用です。

浮上する複数の犯行説

 リトビネンコ氏はロシア連邦保安局(FSB)元中佐だが、その活動に疑問を持ち、FSBの秘密工作を告発してきた。一九九八年には、ロシアの政商で、後にプーチン政権と対立し英国に亡命したべレゾフスキー氏の暗殺をFSB幹部から命じられたと暴露した。

 さらに、英国への政治亡命後の二〇〇二年には、プーチン首相(当時)が「チェチェン独立派による犯行」と断定し、チェチェン侵攻の理由とした九九年のモスクワ・アパート連続爆破事件(死者三百人以上)について、FSBによる自作自演だとする著書を出版している。
≫≫つづきを読む
posted by 野バラ at 12:14 | Comment(0) | TrackBack(3) | 時事問題

2006年12月10日

『911の嘘をくずせ』Loose Change 2

911関連ビデオ『Loose Change 2nd Edition』(ルース・チェンジ 第二版)日本語吹き替え版(1時間23分13秒)が、11月26日にきくちゆみさんによってGoogleVideoにアップされています!(ゆみさん、翻訳ありがとうございました)

↓これがGoogleVideo。フラッシュで作成されているようです。高画質でご覧になりたい方は、こちら→からダウンロードしてください。


911事件は複雑なので、映像で見たほうが分かりやすいですね。私はまだこのビデオをよく見ていないのですが、911事件の米政府の自作自演説が、トンデモ話とは言い切れない根拠が多く挙げられているようです。1962年にはキューバに軍事介入する口実を作るため、テロ攻撃をでっち上げるという「ノースウッド作戦」なるものが実際に計画されたのだそうです。しかもそれが 911事件そっくり! 40年も前に飛行機をすり替え遠隔操作するなどという構想があったんですねー。その後も、911の予備訓練とも言えることを繰り返しています。
≫≫つづきを読む
posted by 野バラ at 12:45 | Comment(9) | TrackBack(2) | 時事問題

2006年12月06日

世紀を刻んだ歌『明日に架ける橋』

 サイモン&ガーファンクルの『明日に架ける橋(Bridge Over Troubled Water)』をご存じでしょうか? 学校の音楽の教科書に載っていると聞いたこともあるので、すでにスタンダードナンバーとして、若い方もご存じかもしれませんね。

(Sissel & Russel Watsonによる明日に架ける橋をYouTubeで今のところ聴くことができます。私はシセルのアメイジング・グレースが大好きなんですが、これ↓もとってもいいです!)
(2007年2月以降削除されたようです)
私にとってこの歌は、人生の中で最も印象深い音楽です。その昔、洋楽というものは、聴いても歌詞がまったく理解できないもので、ちょっと上の世代の方がビートルズに夢中になっているのを見聞きしていたくらいでした。ところが高校へ入学した年に、昼休みになると、この『明日に架ける橋』が毎日毎日かかっていたんです。歌詞は理解できないながら、ゆったりと静かに始まり徐々に盛り上がっていくその歌声に、なんて素晴らしい曲なんだろうと思うようになっていました。そして購入したのが、『サイモン&ガーファンクル・グレイテスト・ヒッツ 』というLPレコード↓でした。

 訳詞を読みほかの曲も聴くと、ますます彼らの歌にのめり込み、まとまった休みにアルバイトしたお金も全部つぎ込んで次から次へとLPレコードを買い込んだのでした。マイナーなレコードから、どういうわけかレコード店にあった海賊版のレコード、日本語版が出るのも待ち遠しく輸入盤、日本語版が出るとそれも購入し、誰かに貸して傷が付くと悲しくなってまた同じレコードを購入したり……、もうそののめり込みようは半端ではありませんでした。レコード店の女主人にも顔を覚えられ、お店に張ってあるポスターをもらったこともありました(笑)。
≫≫つづきを読む
posted by 野バラ at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方